六本木の産婦人科で不妊治療を行うことによって妊娠の確率が増える

サイトマップ

Infertility
乳母車

そもそも不妊治療とはどういうものなのか?

最近、テレビや新聞、雑誌などでも多くとりあげられているのが不妊症の治療です。子どもを望むのになかなか妊娠しない夫婦が不妊症を克服する話は良く耳にします。では、そもそも不妊症とは何なのでしょうか。今日は不妊症についての基本を記したいと思います。まず不妊症の定義とは何でしょうか。結婚して3年になっても子どもができないとか5年経っても子どもができないという夫婦がいますが、実は目安から言うと結婚して避妊せず1年経っても子どもができない夫婦は不妊症です。もちろん、通常の性…

六本木での不妊治療のメリット、デメリットとは?

六本木で不妊治療を受ける夫婦が増えています。では、不妊治療を受けるにあたり、どのようなメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。今日はその点について記します。
まず最初にとりあげたいメリットはやはり六本木の産婦人科で不妊治療を行うことによって妊娠の確率が増えるということです。これまで結婚して3年や5年、またはもっと長い時間妊娠を望んでいてもなかなか子どもができなかったという夫婦にとって、妊娠する確率が増えるというのは最大のメリットと言えます。
また妊娠する以外のメリットとしては、夫婦として同じ目標ができるので絆が強くなるという点です。不妊治療は夫婦がお互いに努力しなければいけません。それで、これまで以上に夫婦の一体感を感じることができます。
では、六本木の産婦人科で不妊治療を行うことのデメリットとは何でしょうか。最初に挙げるのは経済的な負担です。不妊治療は正直なところお金がかかります。もちろん、世帯収入によっては助成金制度があるので、助成金を受けられる可能性がありますが、それでも経済的な負担は避けられません。
また、時間がかかるのもデメリットです。治療を始めてすぐに妊娠するというよりは、半年、1年と様々な治療法を行い、結果が出なければ次の治療というように進められていきます。ですので、忍耐力も求められます。

不妊治療は六本木の病院の産科でもできる

六本木で「不妊治療」と言いますと、不妊治療を専門として行っている不妊治療外来に行かないとできないと思っている人もいるでしょうか。しかし実際は違います。たとえば、六本木にある総合病院の産婦人科でも行ってくれるのです。
とは言っても、六本木では体外受精といったような高度な治療までは行っていない病院が大半です。しかしながらタイミングや人工受精まででしたら、地域の総合病院の産婦人科でも行っているところは多いですね。
しかし、地域の総合病院の産婦人科などは、不妊治療専門の外来というわけではないものですから、もちろん妊婦さんも来ます。外来の窓口を分けているところは滅多にないものですから、窓口は妊婦さんと一緒になり待合室も同じ場所だというところがほとんどなのです。
もしも「妊婦さんと同じ待合室」ということが気になるようでしたら、それは地域の総合病院の産婦人科ではなく、不妊治療専門の外来に行くのが良いでしょう。しかし、不妊治療専門の外来になりますと、人によっては自宅から何時間もかけて行くこととなることもあるでしょう。
だからこそ、不妊治療にかける費用や不妊治療はどのレベルまで行うのかといったこともある程度考えてから、不妊治療をお願いする病院を決めてもいいかも知れませんね。タイミングだけでしたら、家計を圧迫しないよう六本木の病院も選択肢に入れてもいいでしょう。

高額になる六本木の不妊治療とその難しさ

六本木で不妊治療において検査をしてわかったことで、男性側に問題がある、つまり精子が少ない元気がない、あるいは勃起不全その他ということが分かった場合には、人工授精という方法が取られることがあります。これは直接に子宮内に精子を届ける妊娠しやすくするというもので、方法としては精子を採取して、その中から運動性の良い活発な精子を回収して、細いチューブのようなもので子宮内に注入するというものです。
費用として六本木では1万円から3万円を必要としますので、この回数が多くなればなるほど費用はかなりかかることになります。またさらに高額になる不妊治療としては対外受精、そして顕微受精というものであり、これは女性の卵子と男性の精子を集めてそれを体の外で受精させるというもので、六本木でこの不妊治療をするとなると費用は20万円以上とかなり高額になっていきますし、100万円ほどになる場合もあります。
このように不妊治療というのは、次第に高額になっていくこと、そしてなかなかできないことでのあせりというものがさらなるストレスになり、それが悪循環に陥ることになりかねませんので、容易ではないのは確かです。この治療を何度もしたことで500万円とかそれ以上かける夫婦もいますし、4-5年かかってようやく妊娠できたという夫婦もいます。

Copyright © 2016 六本木の産婦人科で不妊治療を行うことによって妊娠の確率が増える All Rights Reserved.