六本木の産婦人科で不妊治療を行うことによって妊娠の確率が増える

サイトマップ

Infertility

不妊治療の時期とタイミングについて

赤ちゃん用品

健康なカップルが一年間避妊せず性交渉を行っても妊娠しない場合、治療を考えても良い頃です。
20代から30代と妊娠の可能性は年齢を重ねるごとに低くなっていきます。35歳を過ぎるとさらに低くなります。
ですから、30代以上で初めての妊娠を望むカップルは自分達の年齢を考慮して早めに不妊検査を受け、適切な治療を受けることをおすすめします。
それでは、不妊の原因とは一体なんでしょうか?女性の体の問題と思われがちですが、男性にも女性にもお互いに様々な問題がありますので男性もきちんと検査を受ける必要があります。
女性の不妊の原因は排卵障害、着床不良、子宮内膜症、卵菅のねじれなど多々あります。これらの部位にあった治療を行っていきます。
男性側の不妊の要因としては精液の中に精子がない無精子症、数の少ない乏精子症、運動率の悪い精子無力症などです。男性の場合は産婦人科に行くのは気が引ける、ということもあるかと思います。しかし、自分にも原因があるかもしれないということを頭に置いてパートナーと共に不妊治療を行ってください。早めに話し合いをして不妊治療をいつ始めるか、またいつやめるのかも決めておくと良いですね。
不妊治療に不安を持ってなかなか踏み出せないと、先延ばしにしているという人もこの機会にパートナーと話し合ってみてください。

Copyright © 2016 六本木の産婦人科で不妊治療を行うことによって妊娠の確率が増える All Rights Reserved.